かわいいばっかり猫日記
七五調で猫さんの様子を伝えたり伝えなかったりするサイト
プロフィール

*くろすけ*

Author:*くろすけ*
もふもふの猫とずろろんとした
猫のお世話係です。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レナの生い立ち&迷子札のワケ
「今日はワタクシ姫の生い立ちについて少しお話しするわね。」
「お願いします。レナ姫。」

s-DSC_05680646.jpg さーて、何から話そうかしらね

「私の首元の名札ご覧いただけるかしら?
クロ爺やくん兄にはついてなくて私だけが名札付きなのよ。
実はこれには深~い訳があるの。」

「この家にもらわれて来たのも、、、これが理由。」


たかが名札ごときで 意味深ですね。レナ姫。
それで、名札をお召しになっている理由とは??」

s-DSC_566614612.jpg キレイな毛並

「元々飼い猫だった私が、ある日大きな事務所に迷い込んでしまったの。
そこには何故か しもべ志願者 猫好きが多かったから、
そこでしばらく育てられたの。
もちろん三食、昼寝、猫砂トイレ、すべて完備だったわ」


「でも知らない場所で、知らない人達に囲まれて不安はなかったんですか?」

「よくぞ聞いてくれたわね。そこが普通の駄猫とアタクシとのちがいなのよ

なんかレナさんの鼻息が荒くなってますが、そこには言及せず
インタビューを続けてみましょう。

「あたくしは、基本的に誰でもWelcomeなのよ。
一緒に住んでる家族にも、初めて会った人にも分け隔てなく接するの。
それが姫として当然のふるまいだと考えてるわ。
だけど、、、唯一、不潔な人はゴメンだわ。」


s-DSC_561014567.jpg ばっちいのは勘弁

「それにしても、事務所にいた頃はいろいろあったわね。」

「ほほぅ。では印象深い思い出を一つお聞かせ願えますか?」

「そうねぇ。ある日事務所の外を散歩してたら、
大きな犬に吠えられて、襲われそうになったの。
あたくし、かわいいだけじゃなく勇敢だから、戦ったのね。
だけど体格の差がモノをいい、全く歯が立たなかったの。」


「歯、短いですもんね。」

「お黙り!でもねぇ、今思い出しても感動なんだけど、
そのとき事務所のイケメンお兄ちゃんが助けてくれたのよ~。
ホントかーっこよかったわぁ~
そのおかげで、アタクシ目の上がちょっぴりハゲたけど無事だったの。」


「なるほど、レナさんが若い男の人好きなのにはちゃんと理由があったんですね。」

s-DSC_565414601.jpg


「ところで、なんでクロスケさん達の居る、今のおうちに住むようになったんですか?」

「そこなのよ。あたしは事務所でも十分住み心地がよかったんだけど、
猫にアツイ事務所の女がさぁ、アタクシを自宅に連れて帰ったのよ。」


「恩人なのに、女性には風当たりがキツイ気がしますが。。。
それとも今の家に不満でも?」

「不満?特にないわね。
今の家に連れてこられたその日から、我が家のようにすごしてたから
特に問題もなかったわ。」


s-DSC_566714613.jpg


「どこでもすぐに馴染めるんですね」

「どこのお家にでも、今日から直ぐに我が物顔で住める私は
たぐい稀なる才能の持ち主なのよ。」

「だから間違ってお外に出て知らない人に連れて行かれてしまったら、
またその日から別の家の飼い猫になっちゃうじゃない。
それが不安で名札をつけてるみたい。
やっぱ私がかわいくてたまらないのね、この家の人々も。」


「つまり、人懐っこすぎるから名札(住所・電話番号入り)をつけてるんですね。
たったそれだけのことにしては、話しが長かったように思いましたが、
レナさんの生い立ちが聞けてよかった気がします。」

「もうちょっとありがたがんなさいよ!!」
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kurosukekun.blog26.fc2.com/tb.php/114-c9927ffd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。